自然の恵みを肌の手入れに

乾燥肌の悩みが改善できるまでは、自分の肌質にあったスキンケアを
きっちりと探してみることにしたのは去年のことだった。
自然派の化粧品ばかりをネットやコンビニ、ドラッグストアで探し、
国産原料のものから外国産の有名なコスメまでいろいろなものを見た。
どうやら敏感肌に使えるものはオーガニック製品というのは、
安全の面から考えても定番といってもいいだろうと思う。
化学成分が入っていない分、肌の角質層への負担が少ないからだ。

間違ったスキンケアで肌表面のバリア層が壊れ、敏感肌になった人は少なくない。
洗顔1つにしても洗浄力が強すぎる洗顔料や洗顔石鹸の常用で、
肌細胞内に水分を保持するために必要な油分さえも、
根こそぎ洗い落としてしまい、カサツキ安く炎症も引き起こしやすくしてしまう、
行き過ぎたスキンケアで痛んだ肌に、いたわりと水分の補助、
そして、充分な肌の保護ができるのは、自然派化粧品しかないのだと言える。

自然派の化粧品を、どこででも購入できるつもりでいたが、
ネットの式サイトで買うことが出来たので、今メインで使っているのがオーガニックコスメと言うことになる。
皮膚科の医師にもすすめられていたのは、肌を痛めつけないスキンケアであって、
ようするに健康な肌質に戻してやることこそ、めざすべき肌の手入れ習慣なのだと思う。
何でもやりすぎはいけないし、人工的なものよりも、オーガニックで自然の恵みを肌の手入れに生かすこと。
これがやっぱり一番肌細胞の健康に役立つのだと思うのだ。