キャッシングも断られたときに

私の彼の弟がどうやらお金にだらしがないようなんです。私の彼はそんな事はないんですけど。この間ちょっと聞いたんだけど、どうやら借金があるらしい。キャッシングとカードローンでお金を借りていて、支払いができなくなってしまっているようなんです。どうやら親が返済するみたいなことを言ってんですが、それってどうなんだろう?しかも今回が初めてじゃないみたいなんですよね。前にもキャッシングの返済に困ったことがあったらしくて新たなキャッシングを断られたときもあったようです。支払いが延滞とかしたら将来に響くからってその時も親が払ったらしいのです。多分それに味をしめてしまったんでしょうね。今回はキャッシングに加えてカードローンでもお金を借りてしまったようなんです。弟ははっきり言って仕事はアルバイトみたいなもんなのに、よくカードローンでお金が借りられたなとそのことに驚きです。カードローンは収入証明がいらないって聞いたことがあるんだけど、ほんとにそうなんだ!って思いました。とにかくこの借金グセが治らないのなら、彼との結婚もちょっとどうしようかなと思ってしまいますね。だって親がいなくなった時にこっちに泣きついてこられたら困るもん。その辺ははっきりとさせておかないと。キャッシングも断られたときには金の切れ目が縁の切れ目になっちゃったりして。

今すぐお金が必要な時には

今すぐお金が必要な時にはカードローンという手があります。カードローンとはローン専用のカードを利用して限度額までなら何度でもお金を借りることが出来るものです。返済方法は分割(ローン)でも一括返済でもどちらでもできます。最初は分割払いでもまとまったお金が手に入って時に一括返済をする事も可能です。
カードローンの申し込みは銀行や消費者金融などの店舗でもできますが、今はインターネットからの申し込みの方が多いようです。自宅のパソコンやスマホなどから申し込みができますし、審査に通ればカードは郵送で送ってくれます。郵送でカードが届くのは少し時間がかかりますので、今すぐお金が必要だという時の急ぎの場合であれば無人契約機などでカードを発行することもできます。
カードが手に入れば後は専用のATMか提携のATMでお金を引き出すだけです。操作は銀行のキャッシュカードでお金をおろすのとほとんど変わらず簡単です。借り入れ出来る限度額は最初はそれほど多くはありませんが、きちんと返済をするなどの信用が上がれば限度額も増やしてもらえます。金利は基本的には借入額を連動していますので、借入額が多いほど金利は安くなります。ひとつ注意をしなければならないのは、余りにも簡単すぎるので借金をしているという感覚がなくなってくる場合があります。カードローンはあくまでも借金です。利用の際は返済の計画を立てておきましょう。

個人向けの小口融資

私の友人から聞いた話ですが、お父さんが亡くなって色々と整理していたらクレジットカードのキャッシングやカードローンで借金があったことがわかったそうです。お母さんは生きているのですが、痴呆が入っていてどうにもならないようです。
なんとか母親が正気の間に話をすると、どうやらお父さんはお母さんに「私が先に死んだら自己破産をするように」と言っていたらしいのです。
自営業をされていたのですが、資金繰りがうまくいかずにクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用して事業をしていたようです。友人は最初から踏み倒すつもりで借金をしていたということがどうにも納得いかなかったようですが、とにかくどうするかを兄弟で話合ったそうです。
結局自己破産をするのはやめてほそぼそながらも返済を続けるということでクレジットカード会社やカードローン会社と話がついたようです。しかしお母さんが健在中に借金の完済は見込めないそうです。そうなった場合お母さんが亡くなった時には当然負の相続が待っています。その際には相続放棄をせざるを得ないと友人は言っていました。
クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用してまで事業を続けたかった父親の気持ちを組んだとしてもやはり納得がいかないと友人は話していました。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの差がよくわからなかったので調べてみるといろんなことがわかってきました。
元々キャッシングというのは個人向けの小口融資の事で返済は基本的には翌月一括返済のものを言っていたそうです。しかし現在ではクレジットカードのキャッシングの返済方法もリボ払いなどを選べることからだんだんと一括返済というイメージがなくなっていったようです。
カードローンというのは限度額まで借り入れが出来るカードを使ってお金を借りる方法で、これも一括返済もできますし、分割で返済することも可能です。
ですからカードローンとクレジットカードのキャッシングの違いというのは結局消費者金融や銀行が行っているか信販会社が行っているかという違いで内容はほぼ同じような形になってきています。
しかしカードローンとクレジットカードのキャッシングとで大きく違う点があります。それは限度額です。
クレジットカードのキャッシングの最高限度額は100万円程度ですが、カードローンの融資限度額は最高で1000万円くらいまで借り入れができます。
しかしクレジットカードのキャッシングでもカードローンでも総量規制にかかってきますから、年収の1/3を超えての借り入れは出来ません。