自然の恵みを肌の手入れに

乾燥肌の悩みが改善できるまでは、自分の肌質にあったスキンケアを
きっちりと探してみることにしたのは去年のことだった。
自然派の化粧品ばかりをネットやコンビニ、ドラッグストアで探し、
国産原料のものから外国産の有名なコスメまでいろいろなものを見た。
どうやら敏感肌に使えるものはオーガニック製品というのは、
安全の面から考えても定番といってもいいだろうと思う。
化学成分が入っていない分、肌の角質層への負担が少ないからだ。

間違ったスキンケアで肌表面のバリア層が壊れ、敏感肌になった人は少なくない。
洗顔1つにしても洗浄力が強すぎる洗顔料や洗顔石鹸の常用で、
肌細胞内に水分を保持するために必要な油分さえも、
根こそぎ洗い落としてしまい、カサツキ安く炎症も引き起こしやすくしてしまう、
行き過ぎたスキンケアで痛んだ肌に、いたわりと水分の補助、
そして、充分な肌の保護ができるのは、自然派化粧品しかないのだと言える。

自然派の化粧品を、どこででも購入できるつもりでいたが、
ネットの式サイトで買うことが出来たので、今メインで使っているのがオーガニックコスメと言うことになる。
皮膚科の医師にもすすめられていたのは、肌を痛めつけないスキンケアであって、
ようするに健康な肌質に戻してやることこそ、めざすべき肌の手入れ習慣なのだと思う。
何でもやりすぎはいけないし、人工的なものよりも、オーガニックで自然の恵みを肌の手入れに生かすこと。
これがやっぱり一番肌細胞の健康に役立つのだと思うのだ。

肌は健やかな細胞によって

綺麗な肌の人って、素肌が健康なんですよね。
素肌が健康な状態と言うのは、きちんと新陳代謝によって
肌細胞が生まれ変わっているということ。
肌細胞がいつも健康だったら、古い角質は綺麗に洗い流されて、
いつも新しい細胞に生まれ変わっている。

健康な肌細胞は、その肌の表面に皮脂や常在菌などによる
肌を守るバリア層が存在しているため、肌の水分が保持される。
乾燥から肌を守って、いつもハリと潤いのある肌質が維持される。

ヒューマンフローラ楽天お試ししてみたら、肌の常在菌を増やしてくれるのだ。
つまるところ、素肌がターンオーバーサイクルを正常な状態に
本来の力で健康になっていくことが出来れば、
乾燥することもなく、敏感肌の状態からも治癒していく。
肌は健やかな細胞によって入れ替わっていくのが一番なのである。

いい天気です♪

いい天気で、花粉対策で部屋干ししてたけどもう外干ししたい!ってことで解禁しちゃいました☆

でもその日からまた鼻がむずむず。。

くしゃみも出始めてしまったし。

洗濯ものようやく外干し開始したせいかな・・

まだ花粉症で薬飲んでる主人には内緒ですが。

でも、花粉予報ではだいぶ減ってきてるからね。

一応その辺りもチェックはしてみてますよ。

なんだけど、私も少し花粉症はあるので、外干したその日に少し鼻づまりが。。

もうそろそろ大丈夫だと思うんだけどなー。

気温も高くなってきたので、洗濯もの干したい衝動は抑えられません☆

やっぱり外干しのせいかなーなんて思うけど、その日のうちにスッキリと乾いてくれるのがうれしくて、もう外干しやめられません。

ゴールデンウイークぐらいまでで治まると思うので、もう少し鼻水、くしゃみと戦います!

ちょっと早いけど、ごっつい冬モノは片付けることにしました。

クリーニング出したり、洗ったり。

今まで夜がまだ寒かったけど、もう寒さもなくなってきたしね。

昼間は暑いぐらいで☆いい天気です♪

気持ちいいときに片付けもしたいし。

天気のいい乾燥したときがチャンスなんで、いいタイミングで出来たと思います☆

夏本番!の服はまださすがに出せなかったので、また暑くなったらもう一度衣替えしますよ♪

クリーニングもって行ったら「今の時期は混んでるので、引き取り日の次の日までには取りにきてくださいね」って言われちゃいました。

今までは時期がずれていたので、あまり言われなかったのでびっくり!

ちらりと書いてある文章は見ていたけど、特に何も言われなかったからゆっくりと取りに行ってたこともあるし。

確かに冬物片付けたい時期は同じだからねー。

忘れず取りにいきますね!断捨離するのもひとつ。

服で、もう着てないものを処分することにしました。

シャツ系は気持ち的に捨てやすいけど、ちょっと色あせたりなんかのモノは古着のリサイクルへ。

引き取ってもらえるので、普通に捨てるよりは気持ちが楽かな、って。

後は着れそうなモノは一度買取へ持っていこうかなーなんて考えてます。

なかなか値段は付かないけどね。

気持ちの問題です☆

キャッシングも断られたときに

私の彼の弟がどうやらお金にだらしがないようなんです。私の彼はそんな事はないんですけど。この間ちょっと聞いたんだけど、どうやら借金があるらしい。キャッシングとカードローンでお金を借りていて、支払いができなくなってしまっているようなんです。どうやら親が返済するみたいなことを言ってんですが、それってどうなんだろう?しかも今回が初めてじゃないみたいなんですよね。前にもキャッシングの返済に困ったことがあったらしくて新たなキャッシングを断られたときもあったようです。支払いが延滞とかしたら将来に響くからってその時も親が払ったらしいのです。多分それに味をしめてしまったんでしょうね。今回はキャッシングに加えてカードローンでもお金を借りてしまったようなんです。弟ははっきり言って仕事はアルバイトみたいなもんなのに、よくカードローンでお金が借りられたなとそのことに驚きです。カードローンは収入証明がいらないって聞いたことがあるんだけど、ほんとにそうなんだ!って思いました。とにかくこの借金グセが治らないのなら、彼との結婚もちょっとどうしようかなと思ってしまいますね。だって親がいなくなった時にこっちに泣きついてこられたら困るもん。その辺ははっきりとさせておかないと。キャッシングも断られたときには金の切れ目が縁の切れ目になっちゃったりして。

今すぐお金が必要な時には

今すぐお金が必要な時にはカードローンという手があります。カードローンとはローン専用のカードを利用して限度額までなら何度でもお金を借りることが出来るものです。返済方法は分割(ローン)でも一括返済でもどちらでもできます。最初は分割払いでもまとまったお金が手に入って時に一括返済をする事も可能です。
カードローンの申し込みは銀行や消費者金融などの店舗でもできますが、今はインターネットからの申し込みの方が多いようです。自宅のパソコンやスマホなどから申し込みができますし、審査に通ればカードは郵送で送ってくれます。郵送でカードが届くのは少し時間がかかりますので、今すぐお金が必要だという時の急ぎの場合であれば無人契約機などでカードを発行することもできます。
カードが手に入れば後は専用のATMか提携のATMでお金を引き出すだけです。操作は銀行のキャッシュカードでお金をおろすのとほとんど変わらず簡単です。借り入れ出来る限度額は最初はそれほど多くはありませんが、きちんと返済をするなどの信用が上がれば限度額も増やしてもらえます。金利は基本的には借入額を連動していますので、借入額が多いほど金利は安くなります。ひとつ注意をしなければならないのは、余りにも簡単すぎるので借金をしているという感覚がなくなってくる場合があります。カードローンはあくまでも借金です。利用の際は返済の計画を立てておきましょう。

財布

出かけて、いざお金を払おうと思ったら財布が無い!

買い物じゃなかったんだけど、お金を払わなきゃいけない場面で。

きゃー!と思い、とりあえず次回会った時にしてもらいました。

あると思い込んでるから確認もしてなくて。

びっくりしたよー!

何もその後できなくて、とりあえず家に帰って財布を持ち出してもう一度再開!でした。。

実はこの財布はお金が貯まる財布風水で金運がいいというので買った財布なんです。

なのでかわからないですが、この財布にしてからお金が少し増えてる気がするんです!

それに買いものがここにきて、結構ネットショッピングしちゃってます☆

テニスをするんだけど、それに伴うラケット、ウェア、小物など。

買わない時期はずっと買わないんだけど、そろそろ欲しいなーなんて思ったら急に大量買い!

ラケット3万円、ウェア総額2万円など。

そのほか、急にテレビ買うことになったり、ゲームソフト買ったりと急な出費もありで。

お金使うときって急に集中するなーなんて思っちゃいました☆

ついでにレコーダーが壊れたので、テレビも買い換えちゃいました☆

レコーダーだけ買っても、以前のテレビだったらきれいには映らないからね。

以前のテレビはまだ映るんだけど、別の部屋にも要らないし、友達にあげちゃいました♪

テレビで外付けHDDにして、ようやく録画が楽しめる様になりました♪

リアタイで観るのはなかなか難しいからねー。

撮りためてても、急に壊れたら見れなくなっちゃう、と言う今回の教訓を踏まえて、早め早めに見ていくようにします!

個人向けの小口融資

私の友人から聞いた話ですが、お父さんが亡くなって色々と整理していたらクレジットカードのキャッシングやカードローンで借金があったことがわかったそうです。お母さんは生きているのですが、痴呆が入っていてどうにもならないようです。
なんとか母親が正気の間に話をすると、どうやらお父さんはお母さんに「私が先に死んだら自己破産をするように」と言っていたらしいのです。
自営業をされていたのですが、資金繰りがうまくいかずにクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用して事業をしていたようです。友人は最初から踏み倒すつもりで借金をしていたということがどうにも納得いかなかったようですが、とにかくどうするかを兄弟で話合ったそうです。
結局自己破産をするのはやめてほそぼそながらも返済を続けるということでクレジットカード会社やカードローン会社と話がついたようです。しかしお母さんが健在中に借金の完済は見込めないそうです。そうなった場合お母さんが亡くなった時には当然負の相続が待っています。その際には相続放棄をせざるを得ないと友人は言っていました。
クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用してまで事業を続けたかった父親の気持ちを組んだとしてもやはり納得がいかないと友人は話していました。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの差がよくわからなかったので調べてみるといろんなことがわかってきました。
元々キャッシングというのは個人向けの小口融資の事で返済は基本的には翌月一括返済のものを言っていたそうです。しかし現在ではクレジットカードのキャッシングの返済方法もリボ払いなどを選べることからだんだんと一括返済というイメージがなくなっていったようです。
カードローンというのは限度額まで借り入れが出来るカードを使ってお金を借りる方法で、これも一括返済もできますし、分割で返済することも可能です。
ですからカードローンとクレジットカードのキャッシングの違いというのは結局消費者金融や銀行が行っているか信販会社が行っているかという違いで内容はほぼ同じような形になってきています。
しかしカードローンとクレジットカードのキャッシングとで大きく違う点があります。それは限度額です。
クレジットカードのキャッシングの最高限度額は100万円程度ですが、カードローンの融資限度額は最高で1000万円くらいまで借り入れができます。
しかしクレジットカードのキャッシングでもカードローンでも総量規制にかかってきますから、年収の1/3を超えての借り入れは出来ません。